人気スポット?!

2016年07月24日 23:53

IMG_5443_20160724233833381.jpg

木の枝も葉っぱも無数にあるのに、
3匹のセミは何故か同じ葉先に辿り着いてしまったのでした
よほど登りやすい良いルートだったのでしょうか(^^;)

同じ日の夜に鉢合わせしていたらどうなっていたことでしょう?(O ̄ ~  ̄O;)
スポンサーサイト

フェイク!

2016年07月08日 23:28

IMG_5261.jpg

はて? あれに見えるは・・・・巨大なスズメバチの巣?!ΣΣΣ( ̄□ ̄;)))))))

・・・・には、見えないでしょうかね

IMG_5263.jpg

そりゃぁ、こんなんじゃ人の目は誤魔化せませんが、
意外とスズメバチはダマされてくれるのでは?というので、
昨年に引き続き、今年も使ってみることにしました。(→去年の記事

とにかく、スズメバチが頻繁に訪問してくるので、何でも試そうと思うのです

DSC_3300 - コピー

当然のことながら、5月から6月にかけては女王蜂を捕まえるため、
スズメバチトラップを仕掛けていました

IMG_4957 - コピー

ジュースで溺れそうなスズメバチがちょっと可哀相ですが。。。。

ウェルチの100%グレープジュースがよく採れました。
ファンタグレープはさっぱり。。。。 この辺りのスズメバチはグルメなのかも~ (^o^;)

IMG_4984 - コピー

キャップの径は6㎝、、、、これはオオスズメバチかな?f ( ̄* ̄;)

これ以外にあと5匹を捕獲
合計7個分の巣作りを阻止できたかも???←だとイイナ♪

女王蜂の飛んでくる数がやや減ったタイミングでトラップを撤収。
代わりにフェイクの巣を取り付けました。

IMG_5335.jpg

今日のような雨模様でも、靴用の防水スプレーで雨対策バッチリ! 
秋の終わりまで長持ちさせないといけませんからね。

そう言えば、昨年これを取り付けたのは秋口でした
この夏、どの程度の効果を発揮出来るかは未知数です。。。。

さて、どうなりますことやら┌( ̄ー ̄)┘ 

IMG_5290.jpg

少し小型の予備の巣があと2つ、、、どこに取り付けようかな~( ´ー`)ノ

IMG_5292.jpg

それにしても、、、、スズメバチって、こんな所に巣を作るのでしたっけ???
巣の左手にはアジサイとセイヨウニンジンボク♪
 
(晴れた日の写真を載せておきます)

IMG_5192_201607082122288fc.jpg

tatのだ~い好きな紫色の花

IMG_5190 - コピー

先月の中頃から咲き続けてきましたが、
先端の方まで開花が進み、そろそろ終わりが近そうです。

どっちが頭???

2012年10月04日 23:58

虫嫌いの方、ご注意ください!!! (ねねまぁにゃさまは特に!)
と言っても、ブログを開けたら見えてしまうので、
追記部分に隠します (*^_^*)
[ 続きを読む ]

カマキリとフェルメール???!!!

2010年09月29日 13:42

IMG_0589x.jpg

tat 「あ、カマキリだ~♪」  

IMG_0592x.jpg

「いかにも私、カマキリですが、なにか?」

IMG_0593x.jpg

「おや!」

IMG_0593xx.jpg

「もしや、それは最近買ったばかりのCANONでは?」

IMG_0596x.jpg

「なるほど練習中か。。。。」

IMG_0597x.jpg

「ならば、ちょっと見返り美人風に決めポーズを♪」

IMG_0597xx.jpg

「え?誰かに似てるって???」

pearlearring1.jpg

トリミングして反転させたカマキリ写真と、「真珠の耳飾りの少女」

IMG_0601x.jpg

最後まで、カメラ目線を外さないカマキリでした

産卵現場をスクープ!!!

2010年08月13日 13:57

P8051094.jpg
ご覧下さい、枯れ枝の表面がこんなにささくれ立っています。
ツルムラサキの支柱に使っているカリンの枝です。

これが誰の仕業かはもうお分かりですね。。。。

P8051060.jpg

一心不乱に産卵中のクマゼミです。 
撮影しようと、1m以内に近づいても、逃げようともせず、お仕事に没頭。
ささくれた部分に黒い産卵管が刺さっていますよ~\(*⌒0⌒)b

P8051092.jpg

産卵管が刺さった所には、キリで開けたような穴があいています。
カリンは結構、固い木なのに、どれだけ頑強な産卵管なのでしょうね。。。。

P8051079.jpg

次々と新たな位置に穴をうがち、卵を産み付けていくクマゼミ。

産卵痕2

左: ツルムラサキの支柱にはこんなにびっしり産卵痕が! 
右: 整枝した桜の枝で作ったゴーヤのアーチにも!

産卵痕

左: ハナミズキは生木ですが、枯枝の部分をめざとく見つけて産卵してあります。
右: ラティスにも。

tatが子供の時分は、軒や窓枠、手すりなど、家の木材部に蝉の産卵痕をたくさん見かけましたが、
今、住んでいる家にはそのような木材部分がありません。
花壇に打ち込んだ杭や、ラティスなども、今や蝉にとっては貴重な産卵場所なのでしょうね。

P8051057.jpg
 

クマゼミの羽化

2010年07月23日 01:42

P7230532.jpg

クマゼミが無事、羽化しました♪
写真中央あたり、ローズヒップを抱え込んだ殻にとまっています(’◇’)ノ

ここまで確認して、ホッとひと安心。。。。(*´o`)=з
セミの羽化自体は、何度も遭遇してきたtatには特に珍しいことではないのですが、
今夜のセミは少しばかり心配だったのです。

P7220513.jpg

暗くなる前、庭で水やりをしていた時にこれを見つけました。時刻は7時20分。
こんな早い時間から脱皮を始めて、大丈夫???( ̄艸 ̄;)
 
外は、昼の熱気が残って、まだムンムン、今日の暑さはとびきりでしたからね(;´д`)
部屋の中でも35度ありましたよ(≧∀≦) 
セミはtatがまだ夕方の水やりに出る気になれずにいるうちに、出て来たようです。

P7220514.jpg

なんちゅー暑いとこじゃ、それにまだ明るいぞ?!
と、ひと休みしながら思ったかどうか。。。。

セミの脱皮は普通暗くなってからなので、暑さのせいで途中で力尽きないかと、
それが心配だったのでした。

セミにとってはここ一番の時ですから、人が想像する以上の力を発揮出来るのでしょうね。
要らぬ心配をしてしまいました f(^皿^;)

P7230535.jpg

アップ写真を最後にと思い、トリミングしてみましたら、変なモノを発見!!!
む、何やら悪そうなヤツ、、、この後ろ姿は、、、、

P7230534.jpg

ゾウムシです (-"-;)   これは明朝見つけたらタダではおかぬぞ~~~!

      ************

セミの羽化の写真は昨年の7月2日にもアップしています。(早い!!!)
羽化の途中部分ですが、時間経過と共に変化の様子が見られます。
興味がおありの方は、そちらもご覧になってください♪  

        2009/7/2の記事はこちら→★

またしても・・・・(セミ幼虫)

2010年06月06日 23:56

また今日も掘り当ててしまいました。。。。大当たり!!!

埋蔵金じゃないですよ (^o^;)

P6060054.jpg

セミの幼虫です。。。。
庭の邪魔な木を抜いたり、大きな株を植え替えたりする時に、度々遭遇します。

今日はアメジストセージのお引っ越しでした。
根っこに絡まっていたので、セミも一緒にお引っ越し。

P6060055.jpg

こちらが新居ですよ、土被せま~す (o^_^o)

P6060074.jpg

あの大きさなら多分、今夏に孵るのではないかしら。。。。

また、夏に再見~♪



虫めづるの記。。。。

2009年09月02日 13:57

前置き。

おそらくは世の中、虫嫌いが大勢を占めることは分かっておりますが、、、、

敢えて顰蹙を買うのを覚悟で虫めづるコーナーでございます。。。。

それも、蝶やセミなら躊躇なくお目にかけるところ、、、、

今回は、、、、芋虫  Σ( ̄▽ ̄;)))))

こうして長く引っ張るのは、
見たくもない方々の目にいきなり芋虫画像が飛び込んでしまうことの無いよう、
tatのせめてもの心遣いです(^^;)

     *******

虫嫌いの皆様方には、次の記事にてお口直しをご用意させていただきますので、
こちらの方は早々に切り上げ、今暫くお待ちくださいませ。

怖いもの見たさで、指のすきまからご覧になるのも一法かとは存じますが、、、f(^皿^)

     *******

それではそろそろ。。。。

P8270044.jpg

ぎゃ!やっぱり相当なインパクトがあります!!!
このプリップリッのデカ芋虫くんはどちらのお子様でしょう? スズメガかな???

一心に柚子の若い葉をむしゃむしゃと食べて、棒でつついても知らん顔。

P8270048.jpg

しかも・・・直通? (←意味プーの方は深く考えないで結構です)

おわかりの方、お食事中だったらごめんなさい。。。。 f(_ _;)

こんな所でお食事されてはたまったものではありません。
そこで早速、お引っ越ししていただきました。。。。
   ↓ ↓ ↓
こちら「虫さんと遊ぼう!」のコーナーです♪

[高画質で再生]

機敏な芋虫

[広告] VPS

門柱の上に乗せてちょっと遊んでみたのですが、、、、
見かけによらずとても俊敏な動きをするのには驚きました!!!
屋根から落ちる猫より素早い身の返し方

調子に乗ってもう一丁!今度は少しズームしてみましたが、、、、

[高画質で再生]

続・機敏な芋虫

[広告] VPS

芋虫くんの方も次第にイライラが募ってきたのか、ますます動きにキレが加わります。

最後は画面の外へ・・・と、跳んだぁっ!

さすが蛾の幼虫は力強いですねーー

P8270040x.jpg

こちらはとても大人しい、アゲハの幼虫。 もう蛹(さなぎ)になりかけています。
頭でっかちな体型が可愛いですね♪ 黒い斑点が目のようで愛嬌があります。

P8270051.jpg

少し若いアゲハの幼虫。 色が色だけに若干気持ち悪いですが、これもしばらくの間。
やがて可愛い緑の幼虫になり、最後は綺麗なアゲハに大変身。。。。

他の幼虫は許しませんが、アゲハだけはどうしても始末出来ないtatです。

だって、、、可愛いでしょう?(*^o^*)



続・庭を訪れる蝶たち♪(ツマグロヒョウモンetc)

2009年08月26日 01:57

庭に飛来する蝶たちを前記事に引き続いてご紹介します。
     (写真は全てClick拡大します。右横下に trim とあるのはトリミングした写真)
 

P8170034.jpg

後翔の表側にある黒い縁取りから見て、ツマグロヒョウモンのオスでしょうか。。。。
同じ蝶のメスをよく見かけるのでたぶんそうではないかと思うのですが。

羽根の模様はメスに比べると、随分あっさりしていますね。
何か逆のイメージがあるんですけど?

P8170030.jpg

ジニアが大好きなようで、この花壇に居るのをしょっちゅう見かけます。

P8230010.jpg

こちらがメス。 メスの方が派手でしょう?

P8230101.jpg

古い木の切り株の上でひと休み中のメス。
(うーん、やっぱり頭の部分が動物の顔に見えてしまう…Click Here!)

P8230113.jpg

じっと止まったまま、tatの為にポーズしてくれました!!!???
僅か5㎝ほどの至近距離で撮影に成功

P8230133x.jpgtrim

まるで毛皮でもまとったかのように毛がふさふさ!是非拡大してご覧ください♪

P8210027.jpg

あれ?これもツマグロヒョウモン?
と、一瞬間違えそうになりましたが、オレンジ色が鮮やかなこの蝶はタテハですね。

P8210040x.jpgtrim

種類は、ヒメアカタテハ???でしょうか、確信が持てませんが。

P8210054.jpg

キバナコスモスの花に口を差し込もうとしているところ。
羽根、特に後翔がちぎれて傷んでいます。。。。

P8210055x.jpgtrim

お食事中の顔をアップで♪ 触角の先端が白くて目立ちます。

*** 写真はこれでおしまい ***


以上の蝶の撮影中にキチョウも飛んできて花から花へとせわしなく移動していましたが、
めちゃくちゃ速くて、もう無理っ

カラスアゲハやアオスジアゲハも逃げ足?が速くて癪に障ります。
写真を撮ることができた蝶たちは、撮影中でも平気でtatのそばを飛び回ったりするのに、
蝶によって警戒心の強いのとそうでないのがあるのでしょうか。。。。

こうしていろいろな蝶が飛来するのを楽しんではおりますが、、、、
これらの幼虫たちには、結構悪さをされているんですよねぇ

それを分かっていながら、アゲハの幼虫などを見つけるとつい
情けをかけてしまったりするtatなのです。。。。ったく

庭を訪れる蝶たち♪(アゲハetc)

2009年08月25日 23:59

最近食べ物の話題が多くなりましたので、今日は少し趣を変えまして、、、、
tatの庭を訪れる蝶たちの写真ばかり、ズラッと並べてみたいと思います♪
          (写真は全てClick拡大します。右横下に trim とあるのはトリミングした写真)

先ずはアゲハから。

P8230004.jpg

三尺バーベナの小花に口を差し込んで蜜を吸っています。

P8230109.jpg

こちらはニチニチソウ。 花の筒状部分が深いので随分かがみこんでいますね♪

P8230084.jpg

急に小さくなりますが、シジミチョウ。。。。たぶんヤマトシジミ???

P8230088x.jpgtrim

こちらもジニアの花に口を差し込んでお食事中。
とても動きが速いので余りいい写真が撮れませんでした。。。。

P8230037.jpg

言わずと知れたモンシロチョウ。

P8230041x.jpgtrim

サルビア・ファリナセアの蜜を吸っています。

P8230044.jpg

蛾みたいな変な形ですが、これはセセリチョウ。

P8230045x.jpgtrim

後翔の裏側に並んだ白い斑点からすると、、、、イチモンジセセリでしょうか?

P8230049.jpg

リコリスの花の奥に差し込んでいる口がチラと見えます。

  *****

蝶たちにはそれぞれ好みの花があるようで、現れる場所がおおよそ決まっていたりします。
モンシロチョウはなぜかジニアには余り寄りつかず、白いアリッサムがお気に入りの様子。

如何にも蝶が好みそうに見えるカラフルなジニアは、蜜の味が好みではない?
アシナガバチや他の蝶に追われるから?
それともカラフルな花の中だと白い羽根が目立ち過ぎて危険だから?

いろいろ考えると面白いです。。。。(^^)

そのジニアが大好きなのはツマグロヒョウモン!
良い写真が撮れましたが、長くなってしまいますので続きは次の記事にて。。。。