エンドウ3種を定植、、、防寒対策もついでに♪

2015年11月28日 22:38

IMG_2899.jpg
 tat菜園の真ん中に残っていたまっさらの畝に、今日はエンドウ豆の苗を植えました♪
(自然菜園の筈なのに、まっさら、というのは・・・
(目標は高いですが、今のところ、あくまで、自然菜園ふう、なのです)

IMG_2981_20151128211512b13.jpg

11/7播種、11/15発芽のエンドウたちが植え頃になっています♪
左2列は実エンドウの「ロングピース」、右2列は大莢のキヌサヤエンドウシャンパーニュ

PB281610.jpg

畝の真ん中を境に、それぞれ5ポットずつ。

PB281614.jpg

ついでにエンドウの両サイドに青梗菜の苗をずらりと植えました。

青梗菜・・・たぶん移植できたと思うのです。
だいたい白菜やブロコが挿し木できるぐらいですもの、移植ぐらい全く問題ないでしょう( ´ー`)ノ

IMG_2978.jpg

更にもう1種。 生長の早かったスナップエンドウグルメ」は、、、、

IMG_2985.jpg

一足早く、11/25に12ポットを定植ずみ

IMG_2984x.jpg

ここはtatの実験農場でございますーーーヽ( ̄- ̄ )ノ
エンドウの連作に挑戦しているのです。
2013年春から始まり、2016年春で何と連続4作目になります

元々エンドウ栽培自体が苦手で、年ごとに不作だったり豊作だったりで不安定だったくせに、
無謀にも連作に挑んでいるアホなtat、、、、f ( ̄* ̄; )))))

今までのところ、明らかに連作のせいで不作になったと感じることは無いものの、
豊作と言えるほどの出来でも無く、どっちつかずのままです。
さて、来春こそ結論を出せるのでしょうか、、、、出来は如何に!!!

おしまい、、、、じゃ、ありません まだ続きがあります

PB281618.jpg

tatが頑張って夏の間に作っておいた麦藁・・・これがあるということは?!?!?!
そう、タイトルにある、ついでの防寒対策でございますよ~~~ \(*⌒0⌒)b

昨年は、エンドウの列の北側にエン麦の防風林(?)を用意して、北風対策をしたつもりでしたが、
効果が今ひとつだったような・・・ (ヘx_x)へ 

そこで、今年は近所の畑でいつも見るあの方法を取り入れることにしました。

DSC_0973.jpg ←雪んこみたいに蓑を被ってます

藁をひと束つかみ、畑のお兄さん(幼なじみのお兄さん、tatより年上のオジサンです)の所に行って
やり方を教わってきました!

boukan1.jpg

写真は同じ畝の北側(左)と南側(右)を写したもの。 
上のお兄さん畑の写真と比べるとかなり見劣りしますが、、、、

PB281623.jpg

北側から見るの図。 うむ、まずまずの出来でありましょう v( ̄- ̄ )ノ

PB281625.jpg

シャンパーニュとロングピースの畝も同様に。

PB281628.jpg

日差しを遮っても良くないかと思い、南側は若干開けてみました(余計なことかも?)

同じポットに播いたエン麦がもっと大きくなってくれてたら、藁の代わりになったのかな~と思いますが、
どう見ても完全にエンドウに負けていて、今の所は支えにもならず、防寒にもならず、です。 
役に立ってくれるのは、春にぐんぐん伸び出してからですね
(先にエン麦を育てた上で豆を播くと良いかも?と、既に来年の事を考えるtat。。。。)

以上、これでホントのおしまい。
関連記事
スポンサーサイト

リフ編みのアクリルたわし♪

2015年11月26日 21:42

先程の記事の続きです。(←最近、このパターンが続いてます

IMG_2974_2015112620051326d.jpg

これ、可愛いでしょう~? *:・( ̄∀ ̄)・:* 
久し振りに作ったアクリルたわしです♪

お気に入りのブログで紹介されていたフェリシモの「リフ編み」、、、、ん?
リフ編みって初めて聞くけど、これでボディタオルを作るんですって???
編み物大好きなtatとしては見過ごすわけには行きません

ボディタオルってことは、、、、アクリルたわしにも使えるんじゃ?
丁度、ストックが無くなりかけてて、そろそろ作らねばと、アクリル糸も買ってあるし♪

早速ネットで編み方を調べてみました( ´ー`)ノ

どうやらトルコでは、ボディタオル(リフ)を手作りするようです!!!
それを作るときの編み方だそうで、それを日本で広めた人がリフ編みと命名したのですって。

ちょっと変わった玉編みの連続みたいな編み方。。。。

なんだ、これなら出来そう~♪
と、手順も良く見ずに、さっそく編み出したところ、大抵のものなら編めちゃうtatがどうしたことか!
丸く(正確には六角形)編んでる筈がいつの間にか歪んだ長円に・・・

IMG_2961.jpg

ちょっとした規則みたいなのがあるようで、そこをおさえて置かないとね
一度理解してしまったら、あとは簡単♪ とてもシンプルな編み方です。

IMG_2966.jpg

1枚でも、この厚み! アクリルたわしにぴったり!

IMG_2975_2015112620051572c.jpg

もう、面白くって、可愛くて、一気に15枚も編んでしまいましたとさ。

そして、チラと見えていますが、そのうちワンパターンなのがつまらなくなって、、、、

IMG_2976.jpg

ちょいと遊んでみました 

IMG_2972_201511262005126ad.jpg

これ、目玉焼きみたいで美味しそーーーー(* ̄∇ ̄*)ノ

IMG_2971.jpg

かわいい~ヾ(o ̄∇ ̄o)b

フェリシモの写真を見ると、もっとカラフルな凝った柄が編み込まれていて、
形のバリエーションも豊富ですが、tatの場合、たわし、ですからね
この程度で十分です、はい。

それに、この編み方をするには、普通のアクリル毛糸はゴワゴワして、編みづらいのなんの。
さっさと編んで終わるに限る!
こんなんでボディタオルになんかしたら、お肌を傷めそう、、、、茶渋が取れるぐらいだし

本場のボディタオル用のアクリル糸は細くて滑らかで編みやすいのですって、、、、
それって、なんかチョット欲しい気も・・・???

いや! ダメダメダメダメダメーーーーッ!!! d(-。-;)/ ダメ!

靴下を編む筈だったでしょ!
それに、別なミッションも・・・?!?!?!

IMG_2977_20151126200545097.jpg

とにもかくにも、超編みにくい アクリル毛糸5玉分、使い切りました!
これで当分、編まなくて済みます┌( ̄ー ̄)┘

さて、次は何を編むかな~~~お楽しみに♪
なんちゃって、待たないでくださいね、どうせまたブログさぼりそうだしf(^皿^;)
関連記事

太糸で編む靴下♪

2015年11月26日 17:46

ついこの前まで春夏用コットン混ソックスを編んでいたので、遅くなってしまいましたが、
2015-2016秋冬用ソックス、いよいよ編み始めました(* ̄∇ ̄*)ノ

DSC_2575.jpg

毛糸のストックは山ほどあるにも拘わらず、、、、(ケースのサイズがどんどん大きくなる

DSC_2574.jpg

また買ってしまったァーーー ((((( ̄▽ ̄;)

新しい糸が出てくるとどうしても手元に確保しておきたくなる困った性分のtat。。。。
死ぬまでに編みきれないと困るので、そろそろヤメにしなくてはいけませんね d(-。-;)/

で、今回買った糸は、今までで最も太いソックヤーン、オパール8本撚りです
標準の4本撚りよりかなり太く、室内履きソックス向きとのこと( ´ー`)ノ

IMG_2856.jpg

さっそく編んでみましたが、目数は少し太めの6本撚りの時より若干控える程度。。。。
tatの手がきついのかも知れません。 

IMG_2857.jpg

足首にボリュームがある方が良いと娘が言うので、
変則的な4目ゴム編みにして、くしゅくしゅ~っとなりやすいようにしました。
これ、ベルンド・ケストラー氏のスパイラル編みetcの目数段数を変えたものです♪チャッカリ

IMG_2939.jpg

そして、ちょいと地味めなtatの靴下
はき口を折り返してもはけるように、きちっとしたゴム編みにしました♪

IMG_2858.jpg

ヒールフラップだと踵が厚くなるので、踵はシンプルな三角形のガセットヒールです
・・・ただ、この踵は、いつものことながら立ち上がる角度が足りない!

IMG_2942_2015112615294679d.jpg

そこで、あとで編んだtatの分は、ガセット(マチ)を編んだあとにショートロウの下半分を入れてみました。
その続きは、普通に踵を三角に立ち上げていきます。

こんなことをするぐらいなら、最初からショートロウヒールでいいじゃん!ということになりますが、
tatはどうもあの踵と甲の境目の突っ張りが気に入らないので

IMG_0975 - コピー

この靴下のようにショートロウヒールにマチ(黄色で囲った所)を入れることで
境目の突っ張りを解消する(赤色で囲った所)方法もあったのですけどね┌( ̄ー ̄)┘ 

どちらにしろ、何かしらの工夫が必要なのは同じ。 その時の気分と言うことです

蛇足ながら、最近のこちらの靴下の3足目もマチを入れたショートロウヒールです。

踵の形や角度がどうのこうのと、靴下編みをされない方にはどーでも良い話で失礼しました
でも、編み物をする側にすれば、こういうことこそが面白いのだなぁ~~~ヾ(o ̄∇ ̄o)b

さて、この毛糸、あともう1玉、色違いがあるのですが、どーもねぇぇぇぇ。。。。
糸が太くてすぐに編めるんだけど、なんだか物足りなくて。。。。
やはり4本撚りの細い糸でコツコツ編んでこそ、達成感もあるというものです

次の58足目は4本撚りで編もーっと!!!

いや、その前に   つづく

関連記事

疑惑のブロコはやはり・・・

2015年11月22日 23:59

前記事の続きです。 長くなりすぎるので分けました。

    ****************
コンパニオンプランツの組み合わせはここにもあります( ´ー`)ノ

IMG_2958.jpg

ニンニク畝のホウレン草♪

じつは、、、、この2者の関係が、ダイコンとレタス、ハクサイとシュンギク、のように、
本当に互いに良い効果をもたらす関係なのか、まだピンと来るものがありません。

それでも植え場所のやりくりの都合で、ホウレン草はこうして作るしかないtat菜園。

ネギ類とナノハナ科とは相性が悪いけれど、
アカザ科のホウレン草となら一緒に植えても大丈夫、、、、
案外、その程度の事だったりするのかも知れませんね??? f(・_・;)

IMG_2957_201511230112373a6.jpg

株が混み合ってきたので、本日(11/22)間引き収穫をしました。

昨年は冬の寒さに当てて・・・と思っているうちに、葉を食いちぎられ、
軸だけの無惨な姿になってしまったので、
今年はヒヨドリに先を越される前にさっさと採ってしまおうと思います。

IMG_2955.jpg

最後に、今日採ったブロコの側花蕾。

右にあるみすぼらしいのは、正真正銘、茎ブロコのもの、
左のゴロンとした側花蕾は明らかに様子が違っています (O ̄ ~  ̄O;)

やはり間違えたんだわ、苗を買うときに

IMG_2959_20151123011656144.jpg

と言うわけで、本日の収穫♪ プチヒリとホウレン草が初収穫でした。

おしまい。
関連記事

地力の差、歴然?!

2015年11月22日 23:54

隣の花は赤い・・・しかし確かに隣の白菜は・・・d(-。-;)/
いきなり、何を言ってるんだか

先ずはtat菜園の順調に育ったふうな白菜をご覧くださいませ

IMG_2953_201511222316197b4.jpg

なかなか綺麗な風景でございましょう?(* ̄∇ ̄*)ノ

IMG_2945.jpg

で、こちらは隣の畑。(フェンスの向こう側に見えるのはtat菜園です)

余ったチヒリ苗をあげたら、お隣さんがtatより数日遅れで植えました。
こちらも1箇所2株植えです。

その後、草取り以外は殆ど何もしていないのに、ぐんぐん育ってこの通り!
tatは頑張って何度か追肥をしましたよ

hakusai-hikaku.jpg

単に良さげに見えるだけじゃなく、本当に違うことを確認するため(←必要アルのか?)
巻き尺を持って測ってきました

何とその差10㎝!!! ヤバ!!!Σ( ̄∇ ̄;)))))) やはりね。

いや、まぁ、あげた苗がしっかり育ってくれてホッとしてますし、
お隣さんからも、お陰さんで良い白菜が出来て~と感謝されるし、
良かったと言えば、良かったのです。

フクザツ、と言うか、ちょっと笑えると言うか・・・

元々お隣の畑は放っておいても何でも良く育つのです。
余ったニンニクの球根をあげた時にも、ウチより立派なのが出来たし、
ミニトマト苗をあげた時も、とんでもない大木(?)に育って大豊作だったし。

そんなのばっかり。 
土の出来が、フル稼働でやせ細ったtat菜園の土とは全然違うのですね。致し方なし

がしかし、それ以前に、、、、

IMG_2953cc.jpg

お隣と比べるまでもなく、ミニのプチヒリと比べても差が殆どありません!
どうやら、コンパニオンプランツや雑草に、養分の争奪戦で負けているようですね

あちら立てれば、こちらが立たず、と言うのでしょうか、バランスが難しい。。。。
なんかやっぱり笑えちゃうかもーーー(≧∀≦) 

でも、今日(11/22)収穫した白菜は虫喰いが無くてとても綺麗でしたよ

IMG_2951_20151122231618c4a.jpg

少々早めでしたが極早生のプチヒリ(ミニタケノコハクサイ)を試しに採ってみました♪
ミニの2株植えなので、サイズはほぼ予想通り。

DSC_2565.jpg

虫喰いになっていないか、ドキドキしながら一枚ずつ剥がしてみましたが、
固い外葉に若干、穴が空いているだけで、中身は無事でした。

DSC_2568.jpg

中が大丈夫と分かれば、安心してタケノコハクサイの特性を生かす筒切りが出来そう。
・・・今日のは巻きがまだかなり緩かったです

本格的収穫まで、あともう少し!!!
関連記事

ブロッコリーは宿根草ですか???

2015年11月18日 06:33

IMG_2878.jpg

家の裏手に植えた3株の茎ブロッコリー(?)にいつになく大きめな頂花蕾が出来ました♪
わ~い♪と喜んで11/11に初収穫しましたが、、、、

IMG_2876.jpg

これってホントに茎ブロコかしら?f( ̄。 ̄;)ハテ

間違って普通のブロコを買ってしまった可能性、大いにあります
側花蕾が出てきたら正体が明らかになるでしょう

ま、茎ブロコでなかったとしてもいいわ、
別な茎ブロコがちゃぁんとあるんですも~んヾ(o ̄∇ ̄o)b

それはこちら!
  ↓↓↓
IMG_2920.jpg

これは昨年から今春にかけて栽培した茎ブロコの生まれ変わりです
小さいながらも、イッチョマエに花蕾をつけていますよ~(* ̄∇ ̄*)ノ

DSC_2326.jpg

春に終わった茎ブロコの太い茎を根元近くで切って、そのまま放置しておいたら、
この写真のような芽が、取っても取っても繰り返し出てきたのです

そのうちブロッコリーの植付時期になったので、ひょっとして・・・?と面白半分に、
茎を1本立ちにして育ててみることにしたのでした( ´ー`)ノ


IMG_2922_20151118014058a97.jpg

ほら、朽ちかけた古株の根元がまだ残っています (‘ -‘)/  

地上部を切っても、地中に残された根から何度も芽が出てくる、、、、ということは、
ブロコは宿根草なのでしょうか???

だったら、毎年同じ場所で作り続けられるの???
植えっぱなしは連作には当てはまらないのかしら???

次々疑問が湧いてきます


IMG_2921.jpg

遊び半分に再生させたブロコは片付けて、豆類の余るであろう苗をここに植えるつもりでしたが、
気が変わりました。 本命ブロコが茎ブロコじゃないかも知れないし

因みに、、、、

再生ブロコの両サイドにある更に小さなブロコは、1本立ちにする際に抜き取った茎を挿したもの。

何度も枯れそうになったのに、根付いてしまうなんてオドロキ桃の木ブロコの木です
最初から根付くと知っていれば、もっとしっかり育てたのにと、残念な気がします(^^;)

白菜の挿し木と言い、ブロコと言い、ナノハナ科の野菜の生命力、恐るべし!!!

IMG_2936.jpg

再生茎ブロコの初収穫~♪
関連記事

秋冬野菜、収穫の季節!

2015年11月17日 23:40

植付作業が一段落ついて、いよいよ収穫の季節到来ですヾ(o ̄∇ ̄o)b

shuukaku.jpg

全体にちょっぴり遅めな初収穫、おまけに夏の名残のミニトマトがまだあったりもします

今年のtat菜園にはニューフェイスがいくつかあるので、先ずはそちらから

IMG_2841.jpg

コールラビグランドデューク」♪(初収穫11/7))

IMG_2906.jpg

可哀相に、畑に余裕が無いので花壇の空きスペースに植えられています。

IMG_2909.jpg

びよ~んと葉を拡げて場所を取る割に、食べるのはこの小さな株元だけ
生食OKですが、tatはサッと湯通しするのが好みです♪


IMG_2915.jpg

赤白のコントラストが美しいヒノナべにむらさき」と、「黒にんじん」(初収穫11/15)♪

IMG_2889.jpg

ヒノナ(カブの一種の漬け菜)は11/10頃から間引き収穫中です (‘ -‘)/  

まだ小さいので、葉っぱごと半日ぬか床に漬けてぶつ切りにして食しています。
標準サイズに育ったらさくら漬けにしなくちゃ!*:・( ̄∀ ̄)・:*


IMG_2850.jpg

博多かつを菜」とロメインレタス(コスレタス)「ロマリア

IMG_2809.jpg

ロメインレタスは大根のコンパニオンプランツとして植えています。(初収穫11/10)

IMG_2930.jpg

11/5より間引き収穫中の博多かつを菜。
最終的には数株を大きく育て、葉を次々かき取っていくのだとか・・・(・・*)。。oO

 
IMG_2849_20151117233300cb6.jpg

その他の野菜の初収穫日
   人参「京くれない」11/5
   大根「秋晴」11/10
   サラダ水菜 11/10

さて、あとは白菜がいつ採れるか・・・です f(・・*)。。oO
関連記事

エンドウ豆の発芽♪

2015年11月15日 19:29

本日2本目の更新です。。。。

IMG_2919.jpg

タネマキの記事もアップしなくて、いきなりですが、、、、
11/15、エンドウとエン麦が一斉に発芽しました (‘ -‘)/  

播いた豆は、ちょっと後戻りして、、、、

IMG_2834.jpg

11/7播種。シャンパーニュ(絹さや)、ロングピース(実豌豆)、グルメ(スナップ豌豆)の3種。
なんと豪華なる顔ぶれ!

取り敢えず、タネマキだけは華々しくやっておきました
いつも良いのはここまで、ですからね、、、、 (ヘx_x)へ
どうもtatとエンドウは相性が宜しくないようで。。。。

IMG_2836.jpg

細長い種はエン麦♪ 昨年と同様に麦類との混植です。

混植の効果でエンドウの葉が粉だらけになるのをかなり抑えられましたが、
その割にそれが十分な収穫に繋がらなかったのは、なにゆえでありましょう

ま、いいっか。

IMG_2903.jpg

こちらは11/6播種のソラマメ。
豆が割れてきたようですが、まだ芽は出ていません、、、、

IMG_2916_20151115192235904.jpg

しかし、、、、よぅーく見れば緑色の頭をチラと覗かせています

ソラマメは植え場所が無いので、赤タマネギ畝の所々に無理矢理割り込ませる予定です。
混植の効果で、ソラマメ大好きなアブラムシが余り寄りつかないのですが、
これまた、その割に今春の収穫は大したこと無かったような・・・

タマネギに肥料分を取られすぎたのかも知れませんね。
関連記事

赤タマネギの密植栽培

2015年11月15日 12:35

akatama.jpg

ニンジンと雑草の間で植え頃サイズに育った赤タマネギの苗(9/19播種)♪

11/11、これを定植しました( ´ー`)ノ

IMG_2819.jpg

隣近所では植付が随分前に終わっていて、心細く思いながらも、マイペースで苗の生長を待ちました
記録を見れば、昨年、一昨年とほぼ同時期だったので、ひと安心 (*´o`)=з

IMG_20151115_023116.jpg

植付にあたり、白菜の苗作りで参照した虎の巻が、ふたたび登場です、今回は冬号

IMG_20151115_023345.jpg

この記事をご覧あれ~~~ヾ(o ̄∇ ̄o)b

何と何と、株間わずか5㎝の、超密植栽培ですって?!?!?!
植え場所に余裕の無いtat菜園にうってつけの方法ではありませぬか

と大いに喜んだわりに、、、、

IMG_2896.jpg

実際に植えたのは約150本ほど

あれれ?畝の長さは3m超あるのに、何だか少な~い・・・・ f( ̄* ̄;)

予定では条間20㎝の4条に、240本は植えるつもりで苗を準備していましたが、
実際に植えてみると5㎝間隔というのは余りにも狭く感じられて不安に。。。。

意気地の無いtatは、少しだけ広めの間隔をとってしまったのでした

IMG_2882.jpg

株間およそ8㎝?
それでも標準の15㎝に比べたら、かなりの密植になると思います。

そんな訳で、、、、お手本の“超”は外して「密植栽培」と言うことにf(^_^;)

密植と言えば、、、、

IMG_2893.jpg

こちら、1箇所2株植えの密植栽培中の白菜がいよいよ結球してきました(*^0^)b

IMG_2884.jpg

通常より小さめになるのを承知の上の密植ですが、なるほど、かなり小振り・・・
ミニのプチヒリはミニミニに、チヒリはミニになりそう

ま、もともと使い切りサイズでと考えていますから no problem ですけどね(^_^;)

タマネギの定植が終わって、畑の作業も残すは豆類の植付だけ
バアバやニッターの副業(?)もあって、大忙しでしたが、やっとひと息つけます♪


関連記事