太糸で編む靴下♪

2015年11月26日 17:46

ついこの前まで春夏用コットン混ソックスを編んでいたので、遅くなってしまいましたが、
2015-2016秋冬用ソックス、いよいよ編み始めました(* ̄∇ ̄*)ノ

DSC_2575.jpg

毛糸のストックは山ほどあるにも拘わらず、、、、(ケースのサイズがどんどん大きくなる

DSC_2574.jpg

また買ってしまったァーーー ((((( ̄▽ ̄;)

新しい糸が出てくるとどうしても手元に確保しておきたくなる困った性分のtat。。。。
死ぬまでに編みきれないと困るので、そろそろヤメにしなくてはいけませんね d(-。-;)/

で、今回買った糸は、今までで最も太いソックヤーン、オパール8本撚りです
標準の4本撚りよりかなり太く、室内履きソックス向きとのこと( ´ー`)ノ

IMG_2856.jpg

さっそく編んでみましたが、目数は少し太めの6本撚りの時より若干控える程度。。。。
tatの手がきついのかも知れません。 

IMG_2857.jpg

足首にボリュームがある方が良いと娘が言うので、
変則的な4目ゴム編みにして、くしゅくしゅ~っとなりやすいようにしました。
これ、ベルンド・ケストラー氏のスパイラル編みetcの目数段数を変えたものです♪チャッカリ

IMG_2939.jpg

そして、ちょいと地味めなtatの靴下
はき口を折り返してもはけるように、きちっとしたゴム編みにしました♪

IMG_2858.jpg

ヒールフラップだと踵が厚くなるので、踵はシンプルな三角形のガセットヒールです
・・・ただ、この踵は、いつものことながら立ち上がる角度が足りない!

IMG_2942_2015112615294679d.jpg

そこで、あとで編んだtatの分は、ガセット(マチ)を編んだあとにショートロウの下半分を入れてみました。
その続きは、普通に踵を三角に立ち上げていきます。

こんなことをするぐらいなら、最初からショートロウヒールでいいじゃん!ということになりますが、
tatはどうもあの踵と甲の境目の突っ張りが気に入らないので

IMG_0975 - コピー

この靴下のようにショートロウヒールにマチ(黄色で囲った所)を入れることで
境目の突っ張りを解消する(赤色で囲った所)方法もあったのですけどね┌( ̄ー ̄)┘ 

どちらにしろ、何かしらの工夫が必要なのは同じ。 その時の気分と言うことです

蛇足ながら、最近のこちらの靴下の3足目もマチを入れたショートロウヒールです。

踵の形や角度がどうのこうのと、靴下編みをされない方にはどーでも良い話で失礼しました
でも、編み物をする側にすれば、こういうことこそが面白いのだなぁ~~~ヾ(o ̄∇ ̄o)b

さて、この毛糸、あともう1玉、色違いがあるのですが、どーもねぇぇぇぇ。。。。
糸が太くてすぐに編めるんだけど、なんだか物足りなくて。。。。
やはり4本撚りの細い糸でコツコツ編んでこそ、達成感もあるというものです

次の58足目は4本撚りで編もーっと!!!

いや、その前に   つづく

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akitat.blog75.fc2.com/tb.php/1282-d27aca4d
    この記事へのトラックバック